HOME>アーカイブ>将来の仕事のために知っておきたい大切なこと

スキルを身に付ける

作業員

建築現場で活躍することができる施工管理への転職は、将来的なニーズからも人気が高い職業です。ですが、転職を考えているなら事前に必要となるスキルを身に付けておくことを考えなくてはなりません。それは、マネジメント力です。施工管理の仕事は、単に工事全体を統括すれば良いというものではありません。プロジェクトや作業内容をすべて把握することはもちろん、雨天などで作業が遅れるということも考慮して、咄嗟のトラブルにも素早く対処しなくてはなりません。スケジュールにズレが生じた時に、素早く対応することができる能力が必要になるのです。マネジメントスキルを身に付けておくことは転職の時に大きな武器となります。

仕事内容について知っておくことが大切

建設作業

施工管理に転職がしたいと考えている時には、その仕事内容について知っておくことが大切です。プロジェクトが起ち上がった後、施工計画書や施工図面の作成を行い、資材の手配など細かい作業が求められます。更には行政への申請書も作成をする必要があります。ですが、デスクワークだけが仕事ではありません。現場では工事を行う作業員達とコミュニケーションをとりながら、作業が順調に進んでいるか、安全管理は怠っていないかをチェックします。

未経験で申し込む時には

作業員

施工管理の経験がないという時には、転職には不利になるようなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。未経験でも問わない企業はたくさんあります。ですが、転職を成功させるためには資格をとっておくと有利です。国家資格である施工管理技士の資格をとっておくと、転職する時にかなり有利になりますし、面接の時にコミュニケーション能力や咄嗟のトラブルなどに対応できることをアピールすると、採用されやすくなります。

広告募集中